BLOG

2015-01-26

1501_tabi1
1501_tabi2

1501_tabi3
普段の業務が変化に富んだものではないので、SNSにアップロードするネタが
週末お出かけ情報ばかりになります。
そのせいか「よくいろんなところに行かれますね」と言われます。
日常は自宅兼事務所でモニタの前に張り付いている事がほとんど。
なので、外に対しての興味とか関心が高いと思います。

その好奇心を埋め合わせるのが、TRANSITという雑誌や、World TimeLapseというムービーを見たり、
最近お気に入りのNHKの旅番組、地球イチバンらのコンテンツ。
仕事の合間を縫って、癒されたり、どきどきワクワクしたりしてます。

先日一泊二日で公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の会議に
代理出席で鹿児島まで遠征。
初の新幹線乗車や、10年前バイク旅行で行った鹿児島旅行を思い出しながらの散策、
とても楽しめました。

会議や、その後の親睦会から各地域が抱える問題なんかも聞けました。
聞いた話では、鹿児島はアミュプラザ鹿児島と山形屋に郊外にあるイオンの3強らしく
アミュと山形屋は、イオンを警戒しているらしく共同で対策を打っているんだとか。
上記3強の影響か、天文館というアーケード街は圧迫され今やパチンコ店が軒を連ねているんだとか。
どこの地方も同じですが、中央に利益を吸い上げられる構造はどうにか変えていかないと
いけないですね。

どこかでまったりする事なく、ひたすら歩き続け(予定調和のごとく迷子になり)、
事前にスケジュールを詳しく調べなかったため、十二分に鹿児島を満喫できなかった事を
次回の旅の反省としながら、なんとか長崎に帰って来れました。
次は無駄なく、無理なく、グッドトリップが出来るようにしようと思います。

旅の最後に長崎のイベントに立ち寄った後、「ポトッ」とリュックに違和感を感じました。
もしやと思いましたが、帰りのバスの中で確認したら、やはりそうでした。
…運が上がってきたようです。

Posted in BLOG | Comments Closed

2015-01-05
新年あけましておめでとうございます

昨年末は息子の嘔吐下痢で、病院に連れて行ったりでスケジュールが押し、
大晦日ぎりぎりまで大掃除と年賀状の送り出しに追われ
年明けも親戚への挨拶回りや初売りのセールに行ったり、落ち着く間もあまりありませんでした。
通常業務をこなしていた生活の感覚に戻れるか不安です(笑)
休み中に見ようと思っていた映画や本は次の連休に後回しで。

さぁ、今日から仕事始め。
ご発注いただいた皆様に喜んで頂ける様な、寄り添える様なデザインを起こして参ります。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

1501_akemashite

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-12-29
良いお年を。

12月、割と暦通りのスケジュール進行が出来るかと思っていたら、後半管理の甘さから、もたつき、今日も仕事してます。
年の瀬、今年の仕事を統括しますと、取り組んでいることは例年と変わらないのですが、仕事をどういう風に取り組むべきかを真剣に考えた一年。
より効率的に、疲労を残さず、次に取り組めるかを思案し、風邪を引かないように腸の免疫力を高めるべくヨーグルトを食べたり、
毎朝欠かさず体操をしたり、肩こりにならないようにマットレスや枕を変えたり、、、
おかげで、腰痛や風邪を引くことは無くなったし、体重も今年始めに比べると5kg痩せました。
環境のストレスから解放すべくWifiを止め、ネットは有線接続にし、携帯はイヤフォンを使って話す等…。
まだまだ改善の余地はあるので、生活リズムを整え、仕事のパフォーマンスを上げたいですね。

個人的には息子の成長とともに、保護者としての責任を感じつつ、先行く明るくはならない世相を
どう切り抜けるかを強く感じた一年でした。
この何年かは自分の事、家族の事だけを考えてきましたが、もう少し枠を広げて地域の事に視野を広げて何かアプローチが出来たらと考えています。

それから、年末にスタートしたJAGDA長崎の企画「軍艦島スーベニール(仮)」の評判がぽつぽつとあり、今までの期間限定開催の展覧会に比べると息が長く、実利につながりそうです。
このイベントの企画書を持って数社の方にお会いしましたが、「デザイン力」を求めておられる企業様は確かに存在し、割と好感触だったのでやりがいが持てました。
普段、賞味期限がのあるデザインを製作する事が多かったのですが、この企画、いい刺激になりました。
この企画の熱を帯びながら年を越します。
来年はJAGDAでももちろんPRISM!としても、朗報を届けられるようにがんばります。
ではでは皆様、良いお年を。

※写真は長崎リンネで買った「pebble」のシェルベース。仕事中の癒し。

1412_yukutoshi

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-12-06
JAGDA企画展 軍艦島スーベニール(仮)

1ヵ月ぶりの投稿です。
仕事もプライベートも充実していた、この1ヵ月、なかなかブログを更新できてませんでした。

今回の投稿はJAGDA長崎でのイベント「軍艦島スーベニール(仮)」という企画展のご紹介です。
どういうものかと言いますと、世界遺産登録にむけてますます注目が集まっている「軍艦島」に、
「もし各デザイナーがお土産を作るならどういったものができあがるのか?」というのが主旨です。

今回、この展覧会について、連絡の伝達やスケジュール進行、関係各所への打合せ等、事務方の役回りのみを
こなすつもりが、アートディレクション・デザイン・コピーライティング・企画書作成・写真撮影(一部違います)・
tumblr、facebookへのデータ入力等…て、ほぼ全部やん…
これらの役回りを経験したので、これからはおおよそのことは一人で出来そう(次回から役回り、分散させますけど)

このデザインの中から、企業等との結びつきが生まれ、新たなものが創出されれば良いなと思っています。
デザイナーによっては、ぼちぼち反響もあってるようです。

もちろんPRISM!からも作品を出品しておりまして、
「GUNKANJIMA COAL MINERS COFFEE(軍艦島の炭坑夫のコーヒー)」という
架空のコーヒーパッケージを作成してみました。
ススだらけの炭坑夫がくたくたのアルミカップでコーヒーをすするのが、
イメージとして浮かんだので 具体化させました。

この展覧会、現在tumblrfacebookで情報を公開しています。
これから、展示施設での展示など企画しておりますので、情報が更新され次第、本ブログでもお伝えしますね。

1408軍艦島スーベニール
1408軍艦島スーベニール
1412_gunkanjima03
1412_gunkanjima041412_gunkanjima05

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-11-04
「北のデザイン、西のデザイン。」と、PRISM! 4th Anniversary!

11月1日の土曜日、所属するJAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)の長崎地区主催で
JAGDA新人賞を受賞された鎌田順也氏を迎えて「北のデザイン、西のデザイン。」という
トークショーを行いました。
本当はプライベートで来崎する予定が、鎌田さんとDEJIMAGRAPHの羽山さん夫婦の粋な計らいにより、
今回のイベントが実現。

他の地で行われた新人賞トークイベントではお聞きできないような、お話や画像を見せて頂きました。
鎌田さん、新人賞を受賞されるだけあって、ご本人のセンスはもちろん、何年も受賞の努力を続けてこられた忍耐力と
自身のデザインを信じ、貫き通すときは徹底して貫き通す意志の強さをとても感じました。
普段、自分自身もフリーランスデザイナーとして一般的な業務をこなすぐらいの努力はしていたつもりですが、
新人賞受賞者は、ひと周りもふた周りもひとより努力し、タフで迷いが無いです。

そういった方のお話を、トークイベントから懇親会、二次会までずっと近くで聞けたのはすごい刺激。
今日からはもちろん、PRISM!次の年度から、十分に活かさせて頂きます。

…そうそう、昨日の11月3日(良い未来の日)でPRSIM!4周年記念になります。
起業するのに、カネが無かったら、コネがあれば大丈夫で、それも無ければヒトのテ(手伝ってくれるヒト)があれば
なんとかなると聞いたことがありましたが、独立した年はカネは機材代に母から借り、コネとヒトのテに、経営計画等全く無く、
気力だけで、仕事をこなしていた気がします。

ほぼゼロからのスタートでしたが、以前の職場の先輩や恩師のご紹介で繋いだ現クライアントには大変支えられ、
おかげさまで家族も持つことができました。

打合せでお会いしても、お礼を言う機会もそうなく、この場を借りてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございます。

今年2月に先立たれた独立のきっかけを与えてくれた恩師の廣瀬一男さんには、
一デザイナーとして、成長した姿をこれ以上、見せることが出来なくなったのは残念です。

ようやく経営の見通しも良くなってきましたが、身近には同年代のフリーランスのデザイナーが独立し、
活躍しておりますので、自分も負けず、グラフィックデザインをはじめ、ビジュアルのアプローチで
彼らに負けず、クライアントや地域のために、もっともっと研鑽していきたいと思います。

ちょっと堅苦しくなりましたが、5年目は今までよりもっと上を目指すということで。

1410_kitanishi021410_kitanishi01

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-10-28
ローカルにいる幸せを感じる

先日の日曜はいとこの結婚式と披露宴。

まず鎮西大社諏訪神社での挙式は、
3年前の土砂降りの日に挙げた僕らの挙式が懐かしい。

挙式のあとの披露宴は史跡料亭 花月。
初めて行けるということもあって、心弾みました。
庭園は披露宴前に見れず残念でしたけど、
検番の方の舞や、卓袱料理、花月の建物など、大変見所多く
存分に花月の魅力を堪能。

今回、挙式と披露宴で終わって特に感じたのは2つ。

約400年もの間、訪れた方々を満足させ続けてきた、
花月のエネルギーとモチベーションの高さに圧倒。
何人もの思いと力が込められてきたんでしょうね。
自分の業種に置き換えると、、、凄すぎ、400年も継承・継続させるなんて無理。

それから、長崎という地域性を存分に感じられたということ。
円卓に運ばれてくる卓袱料理に、お座敷、検番、おゆうぎ、庭園、龍馬の刀傷等。

毎日の生活を見直せば、全国チェーンのスーパーやディスカウント店で日常品を買い、
遠方から輸送されてきた食材を使用したフードマイレージの高い食べ物を食べ、
地域の活動やお祭りには参加せず、いったい「どこの人?」という生活になるときもあり、
今回のことは、地元長崎の郷土愛を感じられる良い一日とでした。

披露宴が終わったあと、「自分たちの披露宴は花月でもよかったな〜」と思えるほど。
提灯にともった灯のように、あたたかい気持ちになれました。

1410_HIROUEN02 1410_HIROUEN03 1410_HIROUEN04 1410_HIROUEN01 1410_HIROUEN05

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-10-22
ハウステンボス美術館 ルドゥーテ展 デザイン

今回の投稿はお仕事のご紹介です。
企画展が行われる際に担当させて頂いております、ハウステンボス美術館のお仕事。
今回は「世界一有名な花の絵師 ルドゥーテ展」のポスターとフライヤーです。

ルドゥーテ(1759-1840)とは、19世紀のフランス宮廷で、マリー・アントワネットや
ナポレン皇妃ジョゼフィーヌに仕えた花の記録係です。
本展では、点刻彫版による多色刷り銅版画に、手彩色という特殊な技法で描いた「美花選」に、
ヴェラムという皮に水彩画で描いた貴重な肉筆画が展示。
日本初公開の作品も有り。

同時開催で「ガーデニングワールドカップ」に「インターナショナルフラワーコンテスト」も開催。

芸術の秋にハウステンボスを訪れてみてはいかがでしょうか。

[会期]
開催中〜12/1(月) 9:00〜21:00

[料金]
大人600円・小人400円(パスポート・年間パスポート400円)

1410_HTB

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-10-07
写真教室へ

趣味、写真です。
アウトドア派か、インドア派かと問われたら後者の方です。
ゴルフは一度打ちっぱなしに連れて行ってもらい、爽快感は感じましたが、コースに出たときに
人に気を使うのを想像すると「めんどくさい趣味だな」と思ってしまう方なので、これから先多分ゴルフはしないと思います。
ゴルフのドライバーを買うぐらいなら、もちろん望遠レンズを買うと思います。

写真歴は使い捨てカメラから始まり、Canonのコンデジを1年、それからNikonのD80というカメラを5年使い、
今のNikonのD600になります。
レンズは18-300mmのズームレンズと18-35の広角に、50mmの単焦点を1本。
少し、お小遣いに余裕のあるお父さんの装備と同じぐらいでしょうか。
なぜ、ニコンかというと、D80のカタログに載っていた写真がキレイと感じたこと。
それから、二つ前の職場に在籍していたときに、上司のアートディレクターが使っていた機種が「EOS Kiss」で
当時アシスタントの自分が、その撮られた写真のゴミ除去や、色補正と合成をさんざん指示された苦い思い出から
アンチCanonとなり、レンズ数の多いNikonという流れに。

以前諫早のイズミファニチャーで、行きたかったけど、平日に開催されていて行けなかった
FUJINARI MIYAZAKI 2nd PHOTO CLASS 〜宮崎富嗣成 第2回 写真教室〜に参加しました。
参加者はスマホから、一眼レフを使う人まで様々。
コーヒーとお菓子も付いて、和やかな雰囲気でした。

内容は、写真の基礎的な知識の説明を受けてから、1回目の撮影実践。
闇雲にシャッターを切りながら、いい写真を撮ろうとしてました。
それから若干の説明後、再度2回目の撮影実践。
今度は撮影したものの中からベストショットを選んで、宮崎さんに批評してもらうというもの。
結果、褒めて頂き、うれしかったです。
しかし、宮崎さんが撮影で参加されている「樂」という情報誌を頂きましたが、
「流石!」と思える仕事の数々に圧倒されました。

教室終了後も、疑問等に丁寧に答えていただきました。
来年、同じ場所で展覧会を予定されています。
とても楽しみです。

…ちなみに、この教室は先月の話。
仕事もそこまで忙しくなかったので、早々に更新すべきだったのですが、
先日ブログに書いたSSD増設したimac 2010 midは、永眠したため、ようやく今、投稿できる状態に。
復活の望みをかけてエーアイスクエアステーションさんに見てもらいましたが、買い替える方がベストだと
アドバイスいただきました。
ようやく環境が落ち着いて、mac miniとThunderbolt displayのコンビで仕事できてます。

今年に入って、プリンタ・電子レンジ・液晶テレビ・掃除機とよー家電が壊れる。。。(洗濯機は修理でなんとか復活)
家電が壊れるという事は、家族の災難をしょってくれるとか、幸運の訪れとかいうけども、、、
家計が持たないので、家電が壊れるのも、どうかこの辺で打ち止めで切に願いますです。。。

1410photo01 1410photo02 1410photo03

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-09-20
妹の結婚式 vol.2

今年は親族・友達の披露宴・出産ラッシュ。
結婚適齢期の人間がまわりにたくさんいるので、続くのも当たり前か。

2月の上の妹の披露宴に続き、今度は下の妹の披露宴。
今回も、ちょっとしたアイテムのお手伝いをしました。
ウェルカムボードとサンクスカードに、二次会のご案内です。
(ウェルカムボード周りの装飾は新郎新婦がしています。)

以前の上のいもうとはさっぱりとした性格だったので、1回から2回でフィニッシュ。
ほんとに手がかからなかった。

しかし、この下の妹は仕事が忙しかったり、披露宴の準備や新居の事と並走して
これらの校正をしていたので、気持ちがてんやわんや。
いろいろオーダーを受け、修正を繰り返し製作しました。
出来上がりはカワイイものに仕上がったと思ってます。

これらのアイテムに出てくる犬は、ウチの実家の飼い犬で「けんたろう」といいます。
これは、下の妹からのリクエスト。
ちなみに下の妹の勤め先は実家から徒歩圏内で、けんたろうの散歩コースとなっており、
時折脱走して、防犯カメラに映っている事もあるそうですw

最後に、うちは3人兄妹ですが、両親は不思議と誰の披露宴でも涙ひとつ流さない。
男の僕の披露宴は分かるとして、娘の披露宴に涙ひとつあっていいのではないか。
そのことを問うてみると「あんた達が結婚して家族の増えるとやけん、うれしくて笑いのでるとさ!」
…と母。
なぜか両親の姪の披露宴のときには、むせるほど泣いていたくせに。。。
披露宴で子を送り出す親の心理はよく分かりません。
うちの子の披露宴の時には、その心理が少しでも分かりますでしょうか???

1409bridal01 1409bridal02 1409bridal03 1409bridal04

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-09-13
DESIGN×SPORTS〜長崎国体 デザインTシャツ〜

この企画、西海市にある「山﨑マーク」という、
オリジナルプリントや縫製等を行う会社からの依頼でした。
本企画の趣旨をA4プリントで頂いたとき、とても賛同しました。
「一致団結!」や「」ALL FOR ONE」など、ありふれた言葉やデザインが
プリントされたものばかりが、世にあふれており、デザイン性にすぐれたものを
「長崎のデザイナーの方につくっていただきたい!」というもの。

Tシャツの素材やプロダクトとしてのデザインは年々向上しているが、
そこにプリントされたデザインは進歩していない。

そこで私がデザインしたのは以下の通り。

【DESIGN×SPORTS 02 FLY AWAY!】

[CONCEPT]
選手のみならず、大会スタッフやボランティアの皆さんにとって、
長崎国体は思い入れのあるイベントのはず。その69回大会を特別なものになればと、
海外の道路標識風に「69」を大きくデザイン。
このTシャツを着て長崎国体を盛り上げよう!

[MARKING]
シルクスクリーン印刷
明るい黄色に、羽ばたくようなデザイン。
よく見ると、下の方にがんば君も。
シルクスクリーン印刷とは、シャツに加工する一番メジャーな方法。
カラーを濃く、鮮やかに加工できます。

山﨑マークfacebookページ
https://www.facebook.com/yamasakimark
1409kokutai1 1409kokutai3 1409kokutai2

 

私の他に長崎出身の、精力的に活動されている3名のデザイナーの方もデザインしています。

デザインチョップ 吉村 隆治さん

oniguili  西村 沙羊子さん

DEJIMA GRAPH  羽山 潤一さん

どれも、かっこいいですね!

長崎国体に出場する選手や関わるスタッフを盛り上げられればと思います。

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-09-12
imac 2010 mid 27inchにssd増設

独立してから仕事用として、4年ぐらい使っていたimac。
これにサブディスプレイとして23インチの液晶ディスプレイを相棒に、ずっとフル回転でした。

一度、システムが壊れるも、Timemachineによるリカバーにより、
なんとかやり過ごしていたのですが、今年の7月頃にMac内部から「蝉の鳴き声」の様な異音。
DiskFirstAidで何度、修復をやってみたものの、どうも原因はハードの問題の様で。

うちのimac、サムソン製のハードディスクが設置されていましたが、これがリコール対象のもので
Appleに交換してもらう事に。
その間、仕事はMacBook Proで行っていましたが、こちらはハードディスクをSSDに換装。
換装の難易度は簡単で、家電に疎い人でも難なくやれるレベル。

それから帰ってきたimacを外部ディスプレイ化しようと接続するも、ケーブルの型式が合わなかったのか、
実現できず、断念。
液晶ディスプレイをメインディスプレイにし、MacBook Proをサブディスプレイにするも、
27インチimacでの作業のやりやすさと、MacBook ProのSSDのスピードに味を占め、
ひとつの欲が湧く。
「imac 27インチでssdのスピードを体感したい」

インターネットでは上級者向けの作業らしく、確かにimacの構造はケーブルがたくさんあり複雑で
しかも簡単に引きちぎれそうな細いケーブル達。
中にはSSD増設に失敗し、壊した方の投稿も確認しました。
何度もSSD増設に躊躇したものの、ホームページを見るたびに「俺でも出来る」と勘違いする。。。

そうして、秋葉館にSSDとマウンターを注文。
パーツがやってきたあと、ディスプレイを取り外し中身を見てひるむ。
いろんなネジ、パーツを外すために、「本当に元に戻せるのか」自問自答を繰り返す。
正直、仕事でもこんな緊張感はあまり味わった事が無いです。
SSDを取り付けてから、各パーツの配置を戻す作業。これがなかなかうまく行かない。
imacを開封してから3日、どこに何を接続すればいいか悩み続ける。
(ネット上では、なれた人は増設に1時間ぐらいですませるらしい)
これらの購入費+増設について調べる時間+作業する時間がすべて無駄になるプレッシャー。
何度も自分を「俺は素人のくせに、こんな難易度の高い作業にトライして、アホか」と攻め続ける。
妻からも「本当に元通りにできるの…?」と心配される。。。

そんなアホにもブレイクスルーが訪れる。
ケーブルがつながり、なんとかもとに戻す作業が完了。
起動後、特に故障も見当たらず、SSDのスピード十分に感じられ満足、満足。
これで「落ち着いて仕事に励めるなー」と思いつつ、
己の中に沸き上がる「分解熱」。

何か無性に分解・再構築をやりたい!ちょっとスパイ気分を味わえます♩

次は、レンジ?冷蔵庫?洗濯機?テレビ?

IMG_4051_Fotor

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-09-04
大島造船所 ポロシャツデザイン

大村の印刷会社、オムロプリントさんから仕事を頂くまでは知らなかった、
世界に誇る船を手がけている大島造船所。
こちらから、2種類のポロシャツのデザインのお仕事をさせて頂きましたので、ご紹介します。

まず、大島造船所が制作したSOYO(双洋)という石炭船がシップ・オブ・ザ・イヤー2012の受賞。
その受賞記念に造船所内で着用するために制作したポロシャツのデザイン。
造船所らしく海のイメージであることと、
造船所で汗をかき船を作り上げた男性社員もいると思うのですが、
事務や営業などにいる女性スタッフにも着用できるよう、
ユニセックスなデザインを心がけて制作したのを覚えています。

それから、大島造船所社員による「大島ブラスバンド」のポロシャツデザイン。
象がイメージキャラクターとういうことで鼻を吹奏楽器に見立てて楽しい雰囲気にデザインしました。
演奏をする側も、聞く側も一体となって音楽を楽しむことに、
このポロシャツが一役かってくれればとおもいます。

1409oshima_soyo1

SOYOのポロシャツは、白と紺。それぞれ背面にプリント

 

1409oshima_soyo2

SOYOのポロシャツデザインの拡大

1409oshima_brass1

大島ブラスバンドのポロシャツは両面プリント

1409oshima_brass2

大島ブラスバンドのポロシャツデザインの拡大

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-08-25
社会福祉法人悠久会様 リーフレット・チラシ

PRSIM!設立当初からお世話になっている
「社会福祉法人 悠久会様」の法人概要リーフレットとリクルート用チラシ デザインのご紹介です。

まず写真右が法人概要のリーフレットとなります。
他の法人のものをリサーチしましたが、堅苦しさを感じるものが多かったので、
程よく親しみの持てて、法人の内容を誠実に伝えるツールを作ることに務めました。
以前、名刺をデザインさせていただいたときに用いたツツジや雪の結晶といった
島原や雲仙を表現するグラフィックで堅苦しさを払拭させています。
また、中央に配した法人のロゴをストライプやドットで表現したのは、
地域の自然の豊かさと、法人を利用する利用者の方々の個性あふれる感じを表現しています。

左側が職員募集のチラシとなります。
イラストを用い、文字が多い原稿から親しみを込めるため、描いたイラストを使用し、
見られた方に親近感が沸くような作りを意識しました。

この仕事の原稿(スタッフの声)を読み込んでいくと、
「利用者の方のお世話をしながら、実は自分たちの方が元気をもらっている」というものに
いくつかにあたりました。
人の手助けを受けても、利用者の存在が在ること自体、人にエネルギーを放っているのだと感じました。

今回制作したツールで本法人のイメージ向上と、良い人材を雇用できることに
少しでも貢献できたらと思うばかりです。

社会福祉法人 悠久会HP
http://www.yukyukai.or.jp

社会福祉法人 悠久会 リクルートページ
(ただいまスタッフ募集中です)
http://job.rikunabi.com/2015/company/top/r252761052/

 

1408yukyukai

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-08-20
これからもずっと

今年のお盆休みは日取りが良く、例年より多く休め、親族と会えた気がします。
結婚前にくらべたら、プライベートの時間は減り、家族行事に時間を割くことが多くなったのですが、
親族にお祝い事が多い年で、集まりで近況を聞く度にこちらも幸せをいただく…。
そんなハッピーなお盆休みだったと思います。

ただ世間は、息子たちや新しく生まれてくる命が
幸せに暮らせていけるのか、不安になるニュースばかり。

今年の長崎の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典をU-STREAMで見ていましたが、
被爆者代表・城臺美彌子さんが、政府にチェックされた内容を覆し、
政府に訴えかけた勇気が、胸に突き刺さりました。

毎年お盆になると、亡くなった祖父の戦争体験の話を思い出します。
「長崎に原爆を落とされた時、満州におり、最愛の人は原爆で失った」と。
ほとんど、戦争の話はしませんでしたし、こちらからも聞きませんでしたが、
亡くなる一年程前、痴呆が進む中、通常の意識の時に語ってくれたこの話が
とても思い出深いです。

敗戦後、祖父母が死にものぐるいで繋いでくれた命。
当たり前に過ごす毎日にその事を忘れ、忙しさを理由に
政治や経済に無関心でいた自分に反省するばかり。

どうか、このファインダー越しに見る風景が、変わらないことを。
そして、子ども達が大人になって、家族を営める当たり前の未来を。
それを作っていくのが私たち大人の責任であることを考えた夏でした。

1408_korekara

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-08-06
新しい名刺

名刺の在庫が切れかけていたため、新しく新調することに。

今回の名刺は3代目。
今までの名刺の紙質は「ペルーラ スノーホワイト」というもの、表面が雪のように、ピカピカ反射するもの。
「屋号の名前が水晶体ということもあり、この光る紙質にした」という理由で使用してました。
この紙質は人気があるようで、名刺交換の際に出会うことがちょくちょくありました。

しかし今回は「別の印象に残る紙を使ってみよう」と思い、コットンという手触り感のいい中の特に分厚い紙質に。
そしてロゴ部分はパールの箔押し加工。
背景のブルーを印刷してから、パールを箔押ししたため、
画像からは分かりにくいと思うのですが、普段は目立ちませんが、角度によってパールが白く反射します。
ブルー面の裏は自分の名前は「PRISM!」のロゴのプロポーションをもとに
ロゴタイプ化してみました。

人数の少ない席では自分のことを覚えていただけるものの、大きなパーティ等になると、
よっぽどのことでない限り、なかなか覚えてもらえないものです。

プレゼンが上手いとか、営業トークが冴えているとか、会話が弾むというわけでも
ございませんので、名刺の力も借りて素敵な出会いを演出したいところ。

どうか、この名刺が良縁をつくってくれますように(他力本願)

1408_namecard

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-07-28
旅行を楽しめない人

先週の連休、兼ねてから計画されていた母の還暦祝いのため雲仙へ。

長崎市内の料亭などでお祝いするプランも出ていたのですが、南島原に嫁いだ妹がただいま妊娠中で、
長距離の移動はお腹に負担がかかるだろうということで、南島原から近い雲仙。
旅館の手配は妹が行い、知らされた旅館の内容はHPで確認したところ、古さを生かしたノスタルジックな作りで
これは、いいお宿だろうと。

還暦祝いの当日、旅館に到着するや外観は古いというか、、、なんと言うか。
つまりHPを作ったクリエイターやカメラマンの腕の良さに気づかされる。
内装は最近大幅にリフォームされたようで、昭和の臭いの漂うところを「古さを生かした」風に上手くごまかしていた…。
まぁ良いでしょう…。

お部屋のアメニティグッズはちゃんと揃っているもののトイレや部屋風呂の掃除は行き届いていない模様。
これも「古さを生かした」なのか。
なんだかロンドンハーツの淳みたいになってきた自分。

お風呂・夜のお食事は…良かったです。ビールもすこぶる頂きました、満足!あは!

お食事ではアルコールを飲み足りず、お土産物売り場へ。
雲仙らしく湯せんぺいなど商品が並ぶ中、なぜかあのお洒落なパッケージで有名な「五島うどん」。
違うでしょ、それ。
売れるからと言って山の観光地なのに、海のものを置いてある矛盾。
どうせなら、島原手延べそうめんを推しましょうよ。

そして、その旅館にあるバーは昭和をコンセプトにしてあり、「60〜70年代の音楽をBGMとして流す』と
してあるのに、聞こえてくるのは90年代のJ-POP。
少し耳が遠くなりました。

そして、翌日のチェックアウトのときに、ダッシュボードには誰が食べるか分からない「感謝のアメちゃん」と
カギには帰路はご安全にと「お守り」。

…いらんわ。捨てるに捨てれんし!

その後、先日のブログにも書いていた「山の寺 邑居」に行くのですが、言わずとしれた人気店で
広い駐車場にも関わらず、車もひっきりなしに来ていたし、県外ナンバーも多数見られた。
提供される食事とサービスやBGM、建物の佇まいなど、どれをとっても文句のつけどころが無かったです。

なんだろう、この差。
提供するサービスがシンプルでも、打ち出されるものが明確であれば、たくさん予算を掛けなくても
商売は繁盛するのだろう。

…本来なら、還暦祝いを母も喜び、われわれも喜んでオシマイが、ベストなんだろうけど、
神経質な性格が災いするというか、職業病的な検証癖が発動するため、少々のボロが引っかかって
考え続けてしまう。

…家族の皆様、旅行楽しめなくて、スンマセン。

1407_unzen2
1407_unzen

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-07-19
浪の平納涼夏祭り

毎年、お手伝いさせて頂いております「浪の平納涼夏祭り」のポスター。
浪の平小学校が廃校となり、地域の賑わいが無くなってしまった事をキッカケに、
何かやろうと地域の人のみならず、有志により開催されることになったイベント。
背景のブルーの背景と、夏の風物詩をビジュアル化するという事をコンセプトに制作。
初年度が「朝顔」、二年目は「金魚」、三年目は「花火」。
そして今年は「お面」です。
ちなみに「朝顔」から「お面」まで、一切イベントには登場しませんw

イベントの内容は以下の通り。
[と き]
8月23日(土)17:00〜

[ところ]
旧浪の平小学校 下の運動場

[ステージ]
●ベリークイーンカンパニー
●長崎大学 龍踊部
●フラワーダンス
●キッズコーラス

[夏祭り応援団]
●雪の浦手作りハム(あらびきスモークウィンナー[浪の平産無農薬あまなつ使用])※当イベント限定です。
●サンフリード(長崎スパゲッチー)
●オロン(パン)
●マリア園(マドレーヌ)

[その他イベント]
●カレー・ソーメン・白玉ぜんざい・フライドポテト・ビール・バザー
冷しパイン・から揚げ・ジュース・ゲーム・くじ その他多数
●トラスト(街の未来図と模型)[まちのグランドデザイン]
●防災協議会&消防局(消防車が来ます)
●クイズや水消化器で遊べます。

…まだまだ暑ささめあらぬ時期ですが、よかったらどうぞ☆

1407_naminohira

Posted in BLOG | Comments Closed

2014-07-16
K-ADC AWARD 2014へ

今年も開催された「K-ADC AWARD 」。
昨年とは違い、福岡アジア美術館ではなく、九大学研都市駅前さいとぴあが会場だったので、
長崎から天神まで高速バスで行き、天神からは約30分掛けて地下鉄で九大学研都市へ。

広告の仕事を審査・表彰するこの公募展には、少ないながらも一昨年のアワードがスタートしてから応募し続けてきました。
今まで、なんとかロゴ部門でなんとか入選してたのですが、今年は全滅。。。

毎年の事ながら、入選・入賞する作品はハイレベル。
予算規模の大きいものだけではなく、低予算ながらもグラフィックがしっかりしたものも
たくさん入選してました。
同郷では、デジマグラフ羽山さんの受賞数がすごかった!

毎度の事ながら、レベルの高い作品に圧倒され、へこみ、自分の仕事や生活を
見つめ直し、また来年頑張ろうと思うばかりなのであります。

そして今年の審査員も蒼々たる顔ぶれ。
なんとか副田さんと福岡さんには名刺渡せた…。
吉本さん覚えていてくださってて嬉しかった…。

つくづく「いいデザイナーになろう」「いいデザインをしよう」「いい仕事をしよう」と思う
キッカケを与えてくれる「K-ADC AWARD 」とスタッフの方々に感謝です。

来年こそは入選たくさんするぞ!

1407_k-adc_award11407_k-adc_award2

Posted in BLOG | Comments Closed